良くない洗顔

洗顔も、毎日していると手を抜きがちになってしまうこともあります。頭では丁寧に優しくたっぷりの泡で…とわかっていても、なかなか毎日継続していくということは根気もいるかもしれませんね。しかし、後の自分のお肌のためだと思っていれば、手を抜きそうな自分に喝をいれることができるのではないでしょうか。とくに、汚れを落とそうとするばかりに力いっぱいゴシゴシするような洗顔をしている方はm、要注意ですよ。それでは汚れもきれいに落とせませんし、なによりもお肌に負担をかけてしまいます。まや、面倒だからと言って洗顔料を掌にのせてそのままお肌の上で泡立てているようなことを、してしまっていませんか?それではたとえよい洗顔料を使用しても、あまり効果は期待できないのと同じなのです。洗顔料は掌にとってから、必ず泡立ててお肌にのせるようにすることが基本です。十分に泡を作り、その泡でお肌を包み込むようにして洗顔をしていくと丁寧でしょう。泡をたてるのが苦手な方は、洗顔ネットのような泡だてやすいアイテムを使用するようにすると簡単ですよ。洗顔後のタオルでふく際にも注意が必要です。洗顔を丁寧にしていても、このタオルドライの瞬間に力を入れてしまってはせっかくの洗顔も台無しです。やわらかいタオルで軽く押さえるようにして、タオルドライをするようにしましょう。